私の結婚指輪は安い?高い?年代別の相場徹底検証!

二人の絆を表す結婚指輪、気になるその相場とは?

結婚していることを証明するために、左手の薬指につけておく結婚指輪は2人の絆を証明する大切なアイテムです。婚約指輪とは違い、日常的に使用するものだからこそ耐久性やデザインにはこだわりたいもの。けれど、結婚指輪を選ぶときに誰もが頭を悩ませるのはその価格です。あまりに高級なものを選んでももったいなくて普段使いにできないし、かといって安すぎてもすぐに傷んでしまいそう。先に結婚した先輩にも、中々お金のことは聞きずらいものですよね。そんな悩めるカップルたちに、年代別に検証した結婚指輪の価格相場をご紹介します!2人の角でにふさわしい指輪を選ぶ参考にしてみてください。

20~30代と、40代では結婚指輪の相場に違いが!

20代、30代カップルの間で人気の結婚指輪は、10万~20万前後の品が多くなっています。給料3カ月分イメージが先行していると、比較的安い印象を受けるかもしれません。若い世代のカップルは価格の価値よりもデザインや耐久性を重視する傾向にあるようです。反対に、40代以上の晩婚カップルの場合、価格相場は30~50万円とワンランク上の指輪を求める傾向が強くなっています。40代になると経済状況も安定し出世している人も多いため、持ち物も生活スタイルや立ち位置に合った高品質なものが必要となってきます。それに伴って、結婚指輪の価格もあがっているのではないでしょうか。

値段だけじゃない!嬉しいサプライズ結婚指輪の渡し方

上記のような結婚指輪の相場は存在しますが、たとえ高価な指輪が買えなくても、渡し方や演出を工夫してくれる方が嬉しいという女性は沢山います。自分を喜ばせようとしてくれるその気持ちこそ最高のプレゼントだと感じるのは、どの世代の女性にも共通して言えることなのでしょう。プロポーズと一緒に指輪を出したり、少し高級なレストランで渡したり、趣向を凝らした渡し方をすれば指輪とその思い出はとても大切な思い出になることでしょう。

エンゲージリングは左手の薬指につけるのが一般的ですが、それはエジプトで左手の薬指には心臓からの静脈が直接つながっているためであると言われていたからです。