結婚の約束の証である婚約指輪、最近の傾向は?

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

男性から女性に結婚の誓いとして送られるのが婚約指輪です。以前は男性の家から女性の家への手付金の意味もあって高価なものが送られたようですが、現在では愛情を示すものの意味合いが強くなっています。婚約指輪には立て爪デザインのダイヤモンドが定番でそれが選ばれた理由はダイヤモンドはどの石よりも硬く無色透明であることから、より固い絆と純真無垢な花嫁にふさわしいとされていたからです。ダイヤモンドに限らず花嫁の誕生石にする場合もありますね。婚約してますという証の指輪が婚約指輪、結婚してから普段使いにできる結婚指輪が両者の違いと言えるでしょう。

婚約指輪の値段はどのくらい?

「男性の給料の三か月分」という言葉がありますが、これはもともとはアメリカの宝石商の広告から始まって日本にも広まったようで必ずしもその値段という根拠はないようです。給料の三か月分でもピンキリですしね。でも人生の中のちょっと贅沢な買い物という点には当てはまりそうですね。結婚指輪となると二人で買いに行くのをよく見かけますが、婚約指輪はサプライズプロポーズのために男性が1人で迷いながら買い物するのが多いでしょう。値段も大切ですが、アフターフォローがしっかりしているかも確認しましょう。専門店の店員さんとじっくり相談して気に入った指輪が見つかるといいですね。

最近の婚約指輪はどんなものがあるの?

最近は立て爪タイプではなく、リングの中に同じサイズの宝石が埋め込まれているエタニティタイプも増えています。エタニティはエターナル(永遠)からきている言葉で、より永遠の愛を強調するデザインと言えるかも知れませんね。エタニティタイプの婚約指輪とシンプルな結婚指輪を重ねてつけている女性を時々見かけますが違和感を感じさせずどんな時でも使えるデザインというのも人気の一つなのでしょうね。婚約指輪は立て爪タイプで結婚指輪をエタニティタイプにする選択もありますね。

婚約指輪は男女が結婚の約束をした際にその証として購入する指輪のことで、女性にとってはあこがれのジュエリーです。