これだけは守りたい!結婚式に呼ばれて慌てずに済む方法

式場までの交通手段の把握と確保を

知人・有人の結婚式に呼ばれた場合、その式場あるいは二次会場までの交通手段を事前に把握し、当日になっても慌てずに会場に着ける様予めシミュレートしておくと良いでしょう。式場が遠方にある場合は往きだけでなく帰りも落ち着いて帰宅出来る様、時間的な余裕を残し会場を後にするのがベストです。最低でも事前に長距離移動手段となる航空券や特急券だけでも確保しておけば安心感が違いますよね。これだけやっておけば現地の地理に詳しく無くとも、主要駅に着いてからタクシーなりバスなりを捕まえれば何とかなるものです。

新郎新婦と親しき仲ならスピーチまで想定して

特に事前に連絡が無くとも、実際式になって突然スピーチを依頼されても大丈夫な様にその内容を考えておく事も大切でしょう。殆どのケースにおいて誰がスピーチを行うかは予め決まっていて、該当者にそのスケジュールや段取りが渡っているものですよね。ですが該当者が当日急遽欠席せざるを得ない事態になった時はその限りではありません。急にスピーチを依頼されても慌てたり緊張しないで済む様、こちらもその内容を決め軽く練習しておくのがベストです。

いくらが理想?結婚祝いに包む額

急遽結婚式に参加する事になった場合、やはり喫緊の課題は結婚祝いの額の決定ではないでしょうか。これまで数多くの結婚式に参加し自分の中で確固とした相場が決まっていれば話は別ですが、殆どその経験が無い場合結構悩むものですよね。大抵の場合、式を挙げるカップルとの間柄やその年齢層によって額を調整すると上手くゆくケースが多いものです。式を挙げるカップルが親族であれば一人当たり約3万円から5万円の間、また親しい知人・友人であれば3万円前後を目安に考えると良いでしょう。

結婚式ティアラは新婦がつける王冠の飾りです。ヘアセットの際にティアラを付けると、まるでプリンセスの仕上がりになります!