知っておいて損は無い!結婚指輪と婚約指輪の価格の違い

結婚指輪は普段使いするもの

結婚指輪の相場って、実は思った以上に婚約指輪に比べますと低いのをご存知ですか。その理由は、結婚指輪が普段使いするものだからです。結婚生活をする上で、毎日身に付ける指輪だからこそ、値段ではなくその質にこだわっているカップルが多いんです。特に女性の場合、大きな石が入っている指輪を結婚指輪に選んでしまいますと、毎日の家事や仕事で邪魔になる事もあるでしょう。ですので、つけやすくて飽きが来ない、シンプルな指輪を好む傾向にあるんですよ。

婚約指輪はお祝いごとの指輪

婚約指輪は、普段使いするものではなく、婚約をする為の大切な指輪です。ですので、結婚指輪に比べますと、その平均相場は高くなる傾向にあります。その理由は、やはり豪華な石であったり、デザインを凝ったりするなどして、男性が奮発する傾向にあるからです。ですが、ここ最近は、婚約指輪をずっと宝石箱にしまっておくのがもったいないからといって、婚約指輪と結婚指輪を重ね合わせて使う女性も増えております。そういった場合には、普段使いできるように、婚約指輪にも工夫する事があるんですよ。

大切な指輪のお金はどっちが出す?

ここで問題になってくるのが、婚約指輪と結婚指輪のお金を誰が出すのかという事です。婚約指輪は、一般的に婚約をする為の指輪なのですから、男性が出すという人が殆どでしょう。そこで一緒に結婚指輪も購入するという事であれば、男性が全額負担をするかもしれません。ですが、実際にはお互いに出し合ったり、結婚指輪を贈り合うという事で、相手の指輪の金額を負担するといった場合もあるんです。どういった方法を取るにせよ、購入する前にしっかりと支払方法を決めておくと良いでしょう。

婚約指輪の相場は一般的にはサラリーマンの給料3カ月分と言われています。なのでおのずと5、60万円程度に落ち着いてきます。